再会@Maison de Fujii(メゾン ド フジイ)

 

 

 

久茂地店をクローズされてから、ずっと気になっていました。

Maison de Fujii(メゾン ド フジイ)

 

 

 

 

フランス料理をベースに、枠組みを超えた調理技術で創られるおまかせコースのお店です。

いただけるのは、火入れを追求したお料理。

 

それぞれのお料理に合わせてワインを選んでくださるので、ペアリングを楽しみながら優雅な時間が過ごせました。

 

 

 

 

豚足のクロケット ラビゴットソース

 

 

 

 

おかえり 磯野さん

(炙った戻りカツオにトンブリとサワークリームのソース)

 

 

 

 

スペシャリテ

(お野菜のテリーヌ)

 

 

 

 

OKINAWA

フォアグラ♪

 

 

 

 

チャンプルー

鯛をタイ風のソースと

 

 

 

 

ラムをコンテンポラリーとクラシック、2つの味わい方で。

 

 

 

 

 

 

同じラム肉なのに、全く別物。

こういう味わい方ができるのは面白いアイデアですね。

 

 

 

 

デザート

ココナッツのムースにエスプレッソとピスタチオオイル

 

 

 

 

デザート

出来立てのちょこ(チョコ)っとオムレツ

 

 

 

 

 

 

 

 

デザートだけでも満足。

スイーツ専門店として別店舗をオープンしてほしいぐらい。

 

7皿前後のお料理と、それぞれのお料理に合わせたワイン。

至れり尽くせりでした。

 

コースメニューは月ごとに変わるそうです。

 

ちょっと特別な日や、自分へのご褒美に利用したい一軒、見つけました。

 

藤井シェフにお会いできて嬉しかったです。

 

 

※こちらのブログは過去記事から

1日15食限定の仏ランチ「Les Traces de MA(レトラスドゥマ) okinawa」

 

久しぶりに新規開拓しました。

 

仕事柄、SNSやグルメ雑誌もこまめにチェックしていますが、一番参考にしているのが「味の好みが似ている友人・知人」からの情報です。

 

こちらはある方からのおすすめで行ってきました。

 

Les Traces de MA okinawa(レトラスドゥマオキナワ)

(Add: 沖縄県豊見城市字根差部172-1)

 

ランチは1日15食限定。

シェフお任せの1コースのみで、完全予約制です。

 

 

 

 

前菜は、青パパイヤ+人参の下に水耕栽培の小松菜、クスクスサラダ。

サーブされた瞬間、なぜか岡本太郎の作品を思い出しました(笑)←ソースの感じ、かな?

お野菜の鮮度やパワフルさに驚き、透明感のあるクリアな味わいに感動しました。

 

シェフ曰く「料理のイメージは、パリのデリで販売されているお惣菜を、自分なりにアレンジしてお皿に盛り付けた感じ」だそうです。

 

 

 

 

サクッ♪ふわっ♪

芳醇なバターの香りが口いっぱいに広がるパイ生地を崩しながらいただきます。クリーム系のスープはサラリ。鶏肉やお野菜の旨みが染み込んでいます。

 

 

 

 

豚タンのトマト煮込みはホロッ♪

豊見城市はトマトの産地。地元で育った新鮮なトマトたっぷりと使って煮込んでいるそうですが、歯ごたえを残した大豆も入っていて食べ応えがあります。

スパークリングワインと合わせたいお料理でした。

 

 

 

 

 

 

デザートは沢山の種類の中から選べます。

 

シェフはもともとお菓子屋さんをされていたそうで(次回お邪魔した時にもっとお話しを聞きたいと思います)「ケーキをいただくだけのために予約したい」ぐらい美味しかったです。

 

2種類の栗を使ったモンブランと、自家製バナナを使ったショコラ系のケーキ。

 

自家製パンとケーキはお持ち帰りすることも出来るのが嬉しいです。

 

ごちそうさまでした★

 

 

「食材のロスをできるだけ出したくない」というシェフ。

食材も地元の方も大切にされているのがしっかりと伝わってきて、微力ながら「応援したい!」と思いました。

 

★1日15食限定!

★お任せコースのみ!

★完全予約制!

★店内撮影NG!(お料理は大丈夫)

 

と聞くと敷居が高そう…と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

でもそういう感じではなくて「ひとりひとりのお客様を大切にしたい」という気持ちからこのようなルールを設けているのだと…私は思います。

 

 

リピートしたい一軒がまた増えました。

 

 

※こちらのブログは過去記事から

 

やちむんに盛り付ける創作フレンチ@プティマルシェ【那覇】

 

 

 

 

料理とお酒のマリアージュを考える&味わうのって楽しいですよね?

 

私は、中でもフレンチとワインという組み合わせが好きです。

 

もともとフレンチが好きだったこともあるのですが、沖縄はフランス料理店の数が少ないこともあり、ここ数年はその機会が減っていました。

 

 

 

 

先日、グルメな友人からのお誘いで、桜坂にある

Petit Marche(プティマルシェ)https://first-try.jp/petitmarche/ に行ってきました。

 

久しぶりのフレンチ♪

 

2016年夏にオープンしたプティマルシェ。

実はオープン当初から気になっていたのですが、こちらの2Fにあるル・ボワへ行くことが多く「次はプティマルシェに行ってみよう」とその度に思っていたのです。

 

 

 

 

コース・アラカルトどちらでも対応してくださるのは助かります。

 

私たちは今回アラカルトで。

 

 

 

 

ピリッと辛い「おつまみナポリサラミ」は食欲を刺激してくれる一皿。

 

 

 

 

マグレ・カナールのロティ 柿ソース。

 

マグロではないですよ(笑)

マグレ・カナールは フォアグラ採取後の鴨の胸肉のこと。

 

キメが細かくとても繊細な旨味で、じんわりと甘い柿のソースとよく合っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

料理名を忘れてしまったのですが、お肉と茄子のグラタン仕立てのような…

 

 

 

 

自家製の全粒粉パン♪

 

 

 

 

チーズの盛り合わせもいただきました。

 

チーズというだけで、無条件においしい。

 

白ワインが進みます。

 

 

 

 

こちらは友人オーダーのデザート「もち米のリ・オ・レ 彩りフルーツソース」

 

 

 

 

私のデザートは「バニラのブリュレと栗 紅芋のグラス」。

 

 

もっと早くお邪魔していれば良かった。

 

お料理だけでなく盛り付けられている器が素敵で、お酒と料理、そして器のマリアージュが楽しめるディナーでした。

 

プティマルシェはランチもされているそうなので、幅広いシーンで利用することができそうですね。