最近お気に入りのニュージーランドワイン

 

最近お気に入りのワインは、ニュージーランドの「Mahi(マヒ)」。

 

 

 

 

沖縄では手に入らないようなので、お取り寄せしました。

(この時期、もちろんクール便です)

 

 

 

 

ピノノワールの透明感にびっくり。

赤ワインはフルボディも好きですが、最近はどちらかというとライトボディがお気に入り。

ジョゼフ・ドルーアンのワインと共通点があります。

 

 

 

 

白も早速。

 

 

 

 

 

 

ワインのおつまみは、いくらのカナッペ。

全粒粉クラッカーにマスカルポーネチーズをたっぷり塗って、その上にいくらをどっさりトッピング。

ただそれだけ(ドライパセリを散らしました)。

 

 

 

 

いくらが好き。大好き。

白身のお魚にトッピングしたり。

合うんですよ。

 

Mahi、この後何度か取り寄せています♪

 

沖縄のワインショップで取り扱ってくれると嬉しいのだけど…

 

 

 

※こちらのブログは過去記事から

 

 

 

もっと泡盛が好きになる? 泡盛懇親会へ

 

 

先日、元泡盛の女王や泡盛バーの泡盛王子、泡盛通の人たちが集まる懇親会に私も参加させていただきました。

 

 

 

 

@ゆいまーる沖縄

 

泡盛は嫌いではありませんし、むしろ「もっと好きになりたい!」と思っているのですが、味の違いが難しいなぁ〜と……。ビールやワインのように違いが分かればもっと楽しく飲めるはずなのですが。

 

そんな思いもあったので、泡盛通の集まる会に誘っていただいた時「これは行かなければ♪」と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

みなさん泡盛持参です。

 

 

私は

 

 

 

 

山川酒造の「さくらいちばん」。

 

前々日に仕事で本部町へ行ったので、帰りに山川酒造に寄って購入しました。

選んだ理由は "ボトルが可愛らしいから" 。要するにジャケ買いですね(笑)

 

 

 

 

 

お料理は浮島ガーデンのケータリング(動物性食品を使わないヴィーガンフードです)。

 

島豆腐チーズや島豆腐のエスカベッシュ、ミートローフ(風)、島豆腐のベジタコライスなどなど。

主原料はお豆腐ですが、そうとは思えないほど深い味わい&食べ応えがありました。ヴィーガンフードは、食べ過ぎても胃がずっしり重たくならないのが嬉しいです。

 

この日いろんな種類の泡盛を飲み比べて、その中で私が特に気に入ったのは「まさひろラウンジ」http://www.masahiro.co.jp/e9134213.html

こちらは水ではなく、炭酸水で割る方が華やかな香りが引き立つのです。不思議ですよね。

近いうちに買ってきて、自宅でも飲みたいと思います。

 

 

ワイン、ビールほどではありませんが、泡盛も自宅で時々飲んでいるんですよ、私。

 

 

 

 

水ではなく、泡盛リキュールで割って(←アルコール度数高いので、ちびちび飲まないと危険っ)。

 

リキュールは久米島の久米仙の「琉美の梅酒」と、請福酒造の「ゆず」が大好きで常備しているほど。

この2本は、泡盛に苦手意識を感じている方にぜひ!ぜひ!!試していただきたいです。

 

 

 

会員制の泡盛バー『泡盛倉庫』へ

 

 

 

 

 

初めて泡盛倉庫にお邪魔したのは、確か去年の梅雨時期だったかな。

那覇市久米にある『泡盛倉庫』 http://awamorisouko.jp/ は会員制の泡盛バーです。

私は会員ではありませんが、昨晩は会員の友人と一緒にお邪魔しました。

 

 

 

 

正直なところ、” 泡盛が大好き ” とまではいきませんが、家でも外でも時々飲みますし、何よりも泡盛が廃れてしまうのは嫌なんです。

なので、2017年は泡盛酒造所の見学にも行き、自分なりに泡盛のことを学んでみたいと思っています。そして、美味しい飲み方を発信していきたいっ!

 

 

泡盛倉庫で1杯目にいただいたのは、泡盛で作ったサングリア。

 

 

 

 

リキュールもお砂糖も入れていないということで、自然な甘さと風味で美味しかったのです。

(とても気に入ってしまって、最後にも1杯いただきました。そして早速本日、数種類フルーツを買ってきて家で仕込んでみました♪)

 

 

 

 

2杯目は山川酒造の『さくらいちばん』。

 

「小さい白いお花の香りがする華やかな白ワインが好きなんです」という話をしていたら、そんな私にぴったりの泡盛があるということで出てきたのがこちらです。

 

 

 

 

さくら酵母を使用して仕込んだ、珍しい泡盛。

店主の比嘉さんが桜の花びらを浮かべてくださいました。

 

 

 

 

今まで食べた中で断トツ美味しいと思ったドゥルワカシー。

出汁の味がしっかりときいていて、ねっとりもっちり♪忘れられません。

 

 

 

 

3杯目は、海洋深層水で仕込んだという「ずいせん」を。

素敵で一目惚れしたカラカラとちぶぐゎ〜(とっくりとおちょこ)。こちらは山上學さん作で、ギャラリーTATIで購入できるらしいです。許田ICから45分かかる場所にあるギャラリーですが、今の仕事が落ち着いたらお邪魔したいと思います!

ちょっと運命を感じたので。

 

泡盛と一緒にいただいたのは、謝花きっぱん店の冬瓜漬けとカカオ豆。

このふたつを合わせていただくと、まるでチョコレート♪

 

 

 

 

〆の前にいただいたのは、紅茶リキュールと、瑞泉の10年古酒King。

 

 

 

 

タイムレスチョコレートと謝花きっぱんのコラボレーションチョコレートもいただきました。

 

 

泡盛の違いがまだまだ分からず、表現できない私。とてももどかしい……

今年はワインとビールだけではなく、泡盛もいろいろな種類のものを飲んで、違いを感じられるようになりたいなぁ。